オムロン、自動化機器がタイで好調な理由

アジア展開の中心地で起きていること

タイで先行はしているものの、競争は激しいと話す前田氏

ターゲットは地場企業になる。「国民の生活がだんだん豊かになってきて、タイ国内向けの商品でも高品質の物を大量生産するニーズが出てきた。そうなると自動化の強みが発揮されるようになる。特に飲料品や食料品、包装機械分野での需要の伸びが、今までないほどに高まっている。」(前田氏)。

深刻化している人手不足も、自動化需要の高まりに拍車をかけている。労働者需要が伸びる一方、急速に少子高齢化が進むタイの失業率は1%を切る状態が続いており、人を雇いたくても雇えない状況になっている。

ジェトロでASEAN担当として海外地域戦略主幹を務める助川成也氏は「人手不足で賃金が毎年上昇しているとはいえ、タイは他のアジア地域と比べて産業の集積度が圧倒的に高いため、容易に他の地域に生産拠点を移すといったことは考えづらい。工場自動化による省人化が有力な対応策となるだろう」と指摘する。

 これまでと同じようにはいかない

ただ今後、取引先を増やすには、これまでとは少々違うアプローチが必要なようだ。

オムロンが得意としてきた自動車産業の場合は、企業ごとのニーズに合わせた専用の製造装置に、部品を納めることが多かった。だがたとえば食品メーカーの場合は、すでにできあがった汎用性のある製造装置を使うことが多い。したがって、その装置をつくる企業との関係を深めると同時に、食品メーカーに対して「どういう自動化ができるか」を直接提案していく必要がある。

今年7月には自動化技術を展示し、顧客の要望に応じて実証実験もできるセンターを設立する。同時に客先に出向いて提案や技術サポートを行うエンジニアの数を増やしており、拡充を続けていくという。

「シーメンスやロックウェルなどの競合が出てきていて、バトルロイヤルとなりつつある分野もある」と前田氏が言うように、タイも決して安泰ではない。この先狙い通りの躍進を遂げるには、一瞬の油断も許されなそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。