景気低迷との悪循環、根深い米債務ショック


企業が雇用と投資を抑制。住宅価格下落やガソリン高も響き、消費者は財布のひもを締める。景気低迷で税収が伸びず、財政が悪化。緊縮財政でさらに景気の足を引っ張るという悪循環に陥りつつある。

財政に余裕が消えた今、第3次量的緩和(QE3)への期待も高まる。が、ドル安や新興国インフレなどの副作用に批判も強い。政策当局はジレンマに陥っている。

欧州ではスペイン、イタリアの国債金利が危険水域に接近。中国ではインフレ警戒が続く。根っこは同じ。米国発金融バブル崩壊の後始末で、民間の巨大債務が政府・中央銀行に転嫁され、その弊害が世界中で噴出しているのだ。円相場も米欧次第。小手先の為替介入や金融緩和では転換不能と覚悟すべきだろう。

(本誌:中村 稔 =週刊東洋経済2011年8月13・20日合併特大号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。