錦織がウィンブルドン2回戦を棄権

けがの悪化で残念なことに

 7月1日、ウィンブルドン選手権に出場していた錦織圭が、1日に予定されていた男子シングルス2回戦を棄権した。先月29日に行われた1回戦での錦織(2015年 ロイター/Toby Melville )

[ロンドン 1日 ロイター] - テニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権に出場していた第5シードの錦織圭が、1日に予定されていた男子シングルス2回戦を棄権した。故障したふくらはぎが悪化したためという。

錦織は「けがは大会前に回復していたので大丈夫だと思ったが、初戦のフルセットでかなり痛めた」と棄権の理由を語った。

2回戦の対戦相手はサンティアゴ・ヒラルド(コロンビア)だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。