北海道から近畿まで「新規開通」の高速道路6本 区間は短くても利便性の高まる路線が続々開業

✎ 1〜 ✎ 78 ✎ 79 ✎ 80 ✎ 81
拡大
縮小
利便性が増す東海環状自動車道。詳しくは後述(国土交通省 中部地方整備局 岐阜国道事務所の資料より)
利便性が増す東海環状自動車道。詳しくは後述(国土交通省 中部地方整備局 岐阜国道事務所の資料より)

マイカーを所有しているドライバーの中には、クルマの故障などの際に救援をお願いすると来てくれるJAF(日本自動車連盟)の会員になっている人も少なくないだろう。そのJAFの会員向け機関誌である『JAF Mate』の編集部から、2024年4月発刊の号に記事を書いてほしいという依頼があった。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

内容は、2023年度に新規開通した高速道路の解説だ。かつて『JAF Mate』は年10回発刊されており、そのときには毎号、新規開通した高速道路の情報が地図付きで掲載されていたが、季刊になった現在、その情報は掲載されなくなっていた。

ところが、読者からそのコーナーを「復活させてほしい」という声があり、今回それに応えて、1ページまとめてその情報を掲載することになったのである。

この記事の画像を見る(7枚)

能登半島地震の被災路線も順調に延伸

すでにお手元でご覧になっている方もいらっしゃると思うので重複は避けたいが、2023年度は、北は日本海沿岸東北道の遊佐比子IC~遊佐鳥海IC間(6.5km)から、南は九州中央道の山都中島西IC~山都通潤橋IC(10.4km)まであわせて5区間が開通した。

一つひとつの区間は短いが、重要な高速道路の延伸が含まれており、地域にとってはより早く、より安全に移動できるようになったことだろう。

個人的には、2023年9月に開通した能越道、のと里山空港IC~のと三井IC間が、距離は4.7kmと短くてもこの年度に起きた大きな災害と関係が深いという意味で、印象的な開通であった。

能越自動車道の概要図(国土交通省 北陸地方整備局 金沢河川国道事務所資料より)
能越自動車道の概要図(国土交通省 北陸地方整備局 金沢河川国道事務所資料より)

それは翌年、つまり2024年の元日に起きた能登半島地震で被災し、交互通行などを行いながら、復興に向けた人々と物資の移動の一助となった区間であるからだ。

次ページ2024年度の新規開通路線を解説
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT