NECとの相互補完で3年後シェア30%目指す--レノボグループCEO 楊元慶

──地元の中国や新興市場については、どのような戦略を持っていますか。

われわれの経営戦略の中に「プロテクト&アタック」がある。成熟市場に関しては、マーケットを守り、きちんと利益を取っていく。一方、新興市場については別の考え方をしている。短期的には利益よりもシェアを伸ばすことを最優先と考える。

中国に関してはすでに30%を超えるシェアを持ち、マーケットリーダーとしてのポジションを得ている。これは守っていく。とはいえ、完全に守りに入るわけではなく、3年後にはシェア35%の奪取を目指している。他方、インド、東南アジア、ロシアなどの新興市場では、ここ2年半でかなりの成果を上げることができたが、グループ全体の売上高の中では2割にも満たない。まだまだアタックしていくエリアだ。

──中国ではモバイル端末にも参入しています。

モバイル端末は、スマートフォンにしろタブレットにしろ、PCよりはるかに成長力が高く、変化の激しい分野だ。幸い、5年ほど前からデバイスの開発に取り組んでおり、タイミングよく製品化できた。ただし、モバイルに重要なのはハードよりもむしろソフトだ。まずはアプリケーションやコンテンツのそろっている中国で、法人向けのタブレットやコンシューマー向けで成果を上げ、次いでほかのエリアにも展開する。日本でも近々発売予定だ。

レノボグループ全体の売上高は現在210億ドルだが、できるかぎり早急に拡大したい。NECとメディオンの上乗せ分だけでも50億ドルを超える。さらにその上を目指したい。

──いずれNECとの合弁を解消して単独出資に切り替える、という可能性もあるのでは?

それは現時点ではわからない。将来にわたるNECとの関係次第だが、NECとも遠藤信博社長ともいい関係を築いていきたいと考えている。

NECの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(聞き手:大滝俊一(本誌編集長)、小長洋子 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2011年7月30日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

ヤン・ユアンチン
1964年生まれ。中国科学技術大学計算機科学技術学院修士号取得。89年レノボグループ入社、2001年CEO就任、IBMのPC部門買収などグローバル化推進。08年会長、09年現職復帰。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。