SMBC日興の次期社長が期す「失われた2年」の挽回 相場操縦事件の影響で野村や大和に後れを取る

拡大
縮小
SMBC日興社長交代
近藤雄一郎社長(右)はSMBC日興のビジネス変革を吉岡秀二専務に託す(撮影:今井康一)

SMBC日興証券は1月31日、4月1日付で近藤雄一郎社長CEO(61)が退任し、吉岡秀二専務(59)が後任の社長CEOに就任する人事を発表した。近藤社長は会長にはつかず川嵜靖之・現会長とともに特別顧問に退く。

証券取引所の外で行われる「ブロックオファー」取引をめぐり違法な株価操縦が行われたとして、法人としてのSMBC日興が起訴されてから2年弱。「内部管理体制の強化など再建の道筋がついた」(近藤社長)としてトップ交代に踏み切る。

日経平均株価の上昇や新NISA(少額投資非課税制度)のスタートと、証券会社のビジネスに追い風が吹く中、SMBC日興の業績は冴えない。競争環境は激化しており、新社長がSMBC日興を成長軌道に乗せられるかが焦点になる。

「メドがついたら退任」から1年超

「健全な企業文化の形成に終わりはない。現場から経営まで高いインテグリティ(誠実さ)を持つことに尽きる」

吉岡専務は記者会見の冒頭でこのように語り、相場操縦事件を受けた社内の再発防止策から説明を始めた。SMBC日興の有罪判決は昨年2月に確定したが、元幹部の裁判は今も続いている。問題を過去のものとして片付けられない状態を物語る。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT