米国農地バブルを検証する[下]--北東部4州にまたがる巨大シェールガス田「マーセラス・シェール」争奪戦の狂乱

米国では、天然ガス業界における劇的な技術改良に伴い、地下シェール層のガスを採取すべく、有望なガス田に掘削業者たちがものすごい勢いで群がっている。特に、米国北東部4州(ウエスト・バージニア州、ペンシルベニア州、ニューヨーク州、オハイオ州)にまたがり、全米最大のシェール層といわれるマーセラス・シェール・‘プレイ’(‘プレイ’とは、シェール層の最も豊富な区画)が有名だ。

マーセラス・シェールでブームが始まったのは、独立系のレンジ・リソーシズがペンシルベニア州南西部のサウス・プレザントという町で最初にガス井を掘削した2004年のことだ。現在、その地域には1000本以上のガス井が掘られている。ガス業界の予測では、10年以内に3000本のガス井が掘られるだろう、という。

過去3年間のガス掘削業界の活況ぶりは、他の業界の沈滞ぶりと比較するとあまりに対照的だ。掘削会社は地元の地主を一軒一軒訪ね、地下にあるガス採取のために土地のリースを申し出る。地元紙は2分の1エーカー(1エーカー=約0.4ヘクタール=約1200坪)の小地主から100エーカー以上の大地主まで、さまざまな地主とやりとりする掘削業者の記事でいっぱいだ。

マーセラス・シェール・ブームの主役たちの顔ぶれは、チェサピーク・エナジー(オクラホマ・シティーに本拠、160万エーカー所有ないしリース)、レンジ・リソーシズ(テキサス州、140万エーカー)、アトラス・エナジー(52万エーカー)、EQTコープ(40万エーカー)などだ。

石油メジャーも参画している。例えば、エクソン・モービルは天然ガス生産会社では全米10位内に入るXTOエナジー(マーセラス・シェール地域の広大な土地を所有)を昨年買収した。シェブロンは、すでに前述のアトラス・エナジーを買収し、同地域での活動を活発化させている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。