IFRSに異議あり 岩井克人、佐藤孝弘著

IFRSに異議あり 岩井克人、佐藤孝弘著

100カ国以上が導入を決め、現在も多くの国が導入を検討しているといわれるIFRS(国際会計基準)。日本政府もIFRSを強制適用するかどうか、2012年をメドに判断するとしている。

ところが、本書はその流れに異を唱えている。その理由は、IFRSの会計観(資産負債アプローチ、公正価値、プリンシプルベース)には、理論・実務の両面において本質的な欠陥があるからだという。さらには、過去の業績より将来キャッシュフローの予測を重視するIFRSの方向性に疑問を呈している。

会計基準で日本が世界に伍していくのに不可欠の、IFRSの本質を、著名経済学者とシンクタンク研究員が詳細に洗い直す。

日経プレミアシリーズ 893円

  

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。