銀座松坂屋の建て替えで強まる、供給過剰の不安

販売の減少が続く百貨店業界では、11年に入って、八王子そごう、神戸阪急、新宿三越アルコットが営業終了を発表した。一方、旗艦店については、各社、生き残りを懸けた改装や開業を仕掛ける。今春は、大阪・梅田地区で、大丸梅田店の改装やJR大阪三越伊勢丹の開業が相次いだ。

11年後半以降、この動きは東京・銀座エリアに飛び火する。今秋、西武有楽町店跡にJR東日本系のルミネが開業。来夏には、大丸東京店が第2期増床を終えオープンする。高島屋東京店も、隣接地に増床する予定だ。

華やかな計画が目白押しだが、気になることもある。10年に鳴り物入りで改装した「銀座三越」の出足だ。来店客のうち実際に購入した割合を示す買い上げ率は50%で、5%の計画未達。平均単価は5100円と、900円の未達となっている。

震災後、外国人観光客の姿が消えた銀座。国内消費の大幅な伸びが見込みにくい中、それと相反する各社の拡大志向。松坂屋の大型計画も“オーバーストア”の不安を背負って始動することになる。

◆J.フロント リテイリングの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(高橋由里、猪澤顕明 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済2011年6月18日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT