グーグルのMVNOが"平和すぎる"業界を壊す

<動画>これまでのプレーヤーにない破壊力

ただこれまでのMVNOは、どちらかというと通信業やインターネットの世界をビジネスの中心にしていない会社が参入し、展開しているパターンが多い。たとえば欧州なら、バージンモバイルが有力な事業者のひとつです。

日本においてもいろいろありますが、はっきり言って旧来の通信事業者に脅威を与えるようなプレーヤーは、まだ出てきていません。

旧来の通信事業者も奮起する?

ここにグーグルが斬り込んでくるのですから、これはユーザーにとってきわめて期待ができる内容だと思うのです。今までのキャリアが、音声収入などいろいろなことをアテにして生きているのに対し、グーグルはネット中心主義、サービス中心主義で展開するでしょう。

つまり今後も、グーグルのサービスがいちばん使いやすいような体系で、ネットワークサービス構築を集中してやってくる可能性が高いのです。

すると通信事業者よりもいいサービスがMVNOから出てくる可能性がある。それによって、また旧来の通信事業者も差別化しようとして競争が起こる。ちょっと平和になりすぎた感のある通信事業者の競争環境に、大きなくさびを打ち込むであろうグーグル。期待しています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT