グーグルのMVNOが"平和すぎる"業界を壊す

<動画>これまでのプレーヤーにない破壊力

ただこれまでのMVNOは、どちらかというと通信業やインターネットの世界をビジネスの中心にしていない会社が参入し、展開しているパターンが多い。たとえば欧州なら、バージンモバイルが有力な事業者のひとつです。

日本においてもいろいろありますが、はっきり言って旧来の通信事業者に脅威を与えるようなプレーヤーは、まだ出てきていません。

旧来の通信事業者も奮起する?

ここにグーグルが斬り込んでくるのですから、これはユーザーにとってきわめて期待ができる内容だと思うのです。今までのキャリアが、音声収入などいろいろなことをアテにして生きているのに対し、グーグルはネット中心主義、サービス中心主義で展開するでしょう。

つまり今後も、グーグルのサービスがいちばん使いやすいような体系で、ネットワークサービス構築を集中してやってくる可能性が高いのです。

すると通信事業者よりもいいサービスがMVNOから出てくる可能性がある。それによって、また旧来の通信事業者も差別化しようとして競争が起こる。ちょっと平和になりすぎた感のある通信事業者の競争環境に、大きなくさびを打ち込むであろうグーグル。期待しています。

人気記事
トピックボードAD
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
  • 女性の美学
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
銀行 破壊と再生

リテール部門が苦境に陥るメガバンク。偽りの優等生・スルガ銀行では不正が蔓延。金融庁新長官曰く「ビジネスモデルを変えていく自主性が感じられない」。変革へのラストチャンス。