ソフトバンク、スーパーセルに追加出資 

出資比率を73.2%に引き上げ

 6月1日、ソフトバンク は、 スマートフォン(スマホ)向けゲーム子会社スーパーセル(フィンランド)の株式22.7%を追加取得し、出資比率を73.2%に引き上げたと発表した。写真は、ソフトバンクのロゴ、5月撮影(2015年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 1日 ロイター] - ソフトバンク <9984.T>は1日、 スマートフォン(スマホ)向けゲーム子会社スーパーセル(フィンランド)の株式22.7%を追加取得し、出資比率を73.2%に引き上げたと発表した。

スーパーセルは、グループのスマホ向けコンテンツ事業の柱と位置づけており、追加出資で関係を強化する。

ソフトバンクは2013年10月、ガンホー・オンライン・エンターテイメント <3765.T>と共同でスーパーセルの株式51%を15億ドルで取得。14年8月にガンホーの持ち分を買い取っており、今回5月29日付で、ロンドンのベンチャーキャピタルなど複数の投資ファンドから株式を追加取得した。

出資比率を引き上げたが、スーパーセルでは、イルッカ・パーナネン氏が引き続き最高経営責任者(CEO)を務め、ソフトバンクから派遣している3人の役員も維持。今回の追加出資による経営体制の変更は予定していない。

スーパーセルは、スマホ向けゲーム「クラッシュ・オブ・クラウン」「ヘイ・デイ」「ブーム・ビーチ」が世界各国でランキング1位を獲得するなどヒットを出しており、業績が好調。ソフトバンクが出資比率を高めれば、受け取り配当額が増えることになる。

 

 

 

(村井令二)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。