コマツが賭ける資源国市場、中国の減速でも“強気”


粗利高いのは鉱山用

鉱山機械事業の売上高は4000億円弱。粗利率は約40%(本誌推定、10年度実績)と、全社粗利率を10ポイントも上回る。一方、中国で主に販売する中型油圧ショベルは20%台だから、かなり高い。国内製造業の平均粗利率が20%なのを踏まえても、収益力の高さは一目瞭然だ。

鉱山用は個々のパーツの大型化に技術が必要なうえ、耐用性や安全性にも高い水準が求められる。これが油圧ショベルと異なり、参入障壁となって廉売合戦を回避できている。一度機械本体を売れば、その後10年間は修理サービスがヒモ付き、本体の3~4倍の売上高をもたらす、ストック型ビジネスでもある。

かつてはキャタピラーが世界市場の8割を握ったが、コマツは1997年に参入して以来、設備投資や同業のドイツ企業買収を重ね、近年ではキャタピラーと4割ずつシェアを分けるまで追い上げた。足元の資源高を受けた鉱山開発ラッシュも追い風。受注残は潤沢にある。多少の中国市場下振れは、このドル箱の稼ぎで吸収できる──というのが、強気の根拠だ。

ただ裏を返せば、絶好調の業績を維持するには、鉱山機械事業を死守するのが前提。キャタピラーは11年に米国の鉱山機械中堅を買収する見通しだ。被買収企業の売上高は約2900億円で、実現すればコマツは水をあけられる。業界3番手の日立建機も、今期から設備投資を倍増させ、鉱山機械事業の拡大に乗り出すと決めた。

にわかに不安視された中国減速。だがコマツにとって真の戦いは、キャタピラーとの頂上決戦が始まる、資源国市場にあるといえそうだ。

◆コマツの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(杉本りうこ =週刊東洋経済2011年6月11日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング