米国株続落、利上げやギリシャ懸念が重し

ダウ190ドル安、S&Pは3週間で最大の下落

 5月26日、米国株式市場は続落して取引を終えた。ギリシャ懸念が引き続き相場の重しとなっていることに加え、米経済指標が一部堅調だったことで利上げが前倒しされるのではないかとの観測も売り要因となり、主要3指数は軒並み1%を超えて下落。写真は、ニューヨーク証券取引所、2月撮影(2015年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 26日の米国株式市場は続落して取引を終えた。ギリシャ懸念が引き続き相場の重しとなっていることに加え、米経済指標が一部堅調だったことで利上げが前倒しされるのではないかとの観測も売り要因となり、主要3指数は軒並み1%を超えて下落。

S&P総合500種の下落率は過去3週間で最大となった。

ダウ工業株30種<.DJI>は190.48ドル(1.04%)安の1万8041.54ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は56.61ポイント(1.11%)安の5032.75。

S&P総合500種<.SPX>は21.86ポイント(1.03%)安の2104.20。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

終値(非公式)    18041.54(‐190.48)

前営業日終値    18232.02(‐53.72)

ナスダック総合<.IXIC>

終値(非公式)    5032.75(‐56.61)

前営業日終値    5089.36(‐1.43)

S&P総合500種<.SPX>

終値(非公式)    2104.20(‐21.86)

前営業日終値    2126.06(‐4.76)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。