米国株続落、利上げやギリシャ懸念が重し

ダウ190ドル安、S&Pは3週間で最大の下落

 5月26日、米国株式市場は続落して取引を終えた。ギリシャ懸念が引き続き相場の重しとなっていることに加え、米経済指標が一部堅調だったことで利上げが前倒しされるのではないかとの観測も売り要因となり、主要3指数は軒並み1%を超えて下落。写真は、ニューヨーク証券取引所、2月撮影(2015年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 26日の米国株式市場は続落して取引を終えた。ギリシャ懸念が引き続き相場の重しとなっていることに加え、米経済指標が一部堅調だったことで利上げが前倒しされるのではないかとの観測も売り要因となり、主要3指数は軒並み1%を超えて下落。

S&P総合500種の下落率は過去3週間で最大となった。

ダウ工業株30種<.DJI>は190.48ドル(1.04%)安の1万8041.54ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は56.61ポイント(1.11%)安の5032.75。

S&P総合500種<.SPX>は21.86ポイント(1.03%)安の2104.20。

(カッコ内は前営業日比)

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

終値(非公式)    18041.54(‐190.48)

前営業日終値    18232.02(‐53.72)

ナスダック総合<.IXIC>

終値(非公式)    5032.75(‐56.61)

前営業日終値    5089.36(‐1.43)

S&P総合500種<.SPX>

終値(非公式)    2104.20(‐21.86)

前営業日終値    2126.06(‐4.76)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。