新入社員はなぜ「期待はずれ」なのか 失敗しないための採用・面接・育成 樋口弘和著


第5章「優秀な人材を見抜く“雑談面接”」でその方法が語られる。“雑談面接”は著者の造語だと思うが、その中身は行動事実を引き出すコンピテンシー面接である。たくさんの事例が紹介されているので、面接の進め方の参考になる。

本書を読むと「人事の常識」が覆されて驚かされるが、私が読んで最もインパクトを感じたのは、次の言葉だ。「見抜き力のある面接官は、第一印象と戦う人です」(139p)。

ベテラン面接官も第一印象のマジックに勝てない。第一印象がいいと、面接は良い評価を検証するものになるし、悪ければダメである理由を確認するものになる。しかし第一印象はその面接官の好き嫌いであることがほとんどだ。だから「第一印象と戦う人」が面接官としてふさわしい。

こういう人間心理の機微は言われてみなければわからない。これを教えてもらっただけで、777円の価値は十分にある。

(HRプロ嘱託研究員:佃光博=東洋経済HRオンライン)

光文社新書 777円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT