新宿・三越跡にビックカメラ

賃料収入で“時間稼ぎ”の作戦

新宿にある全百貨店の売場面積は計25万平方メートル超。全国最大の集積を誇る。現在、売上高日本一の新宿伊勢丹が構える東口エリアが優勢ながら、形勢は流動的と言えよう。

高島屋やルミネがある南口では目下、甲州街道の南側に人工島をつくる、大掛かりな再開発が進む。また西口では、京王百貨店が14年完成を目指し、全面改装に突入。小田急電鉄も10年、小田急百貨店と目と鼻の先にある新宿スバルビルを購入した。小田急ハルクや同エースを含めた、一体再開発の布石だともみられている。

三越としては、エリア内の流通戦争の大勢を見極めてから、最も競争力ある業態で再参入できれば、ともくろんでいるようだ。だが見つからなければ、「その都度、契約することになるだろう。有楽町店も契約期間の10年を過ぎて更新した」(ビック)。その場合、10年間の“模様眺め”は時間の空費に終わる。

◆三越伊勢丹ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(高橋由里、前田佳子 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2011年5月28日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。