新宿・三越跡にビックカメラ

賃料収入で“時間稼ぎ”の作戦

新宿にある全百貨店の売場面積は計25万平方メートル超。全国最大の集積を誇る。現在、売上高日本一の新宿伊勢丹が構える東口エリアが優勢ながら、形勢は流動的と言えよう。

高島屋やルミネがある南口では目下、甲州街道の南側に人工島をつくる、大掛かりな再開発が進む。また西口では、京王百貨店が14年完成を目指し、全面改装に突入。小田急電鉄も10年、小田急百貨店と目と鼻の先にある新宿スバルビルを購入した。小田急ハルクや同エースを含めた、一体再開発の布石だともみられている。

三越としては、エリア内の流通戦争の大勢を見極めてから、最も競争力ある業態で再参入できれば、ともくろんでいるようだ。だが見つからなければ、「その都度、契約することになるだろう。有楽町店も契約期間の10年を過ぎて更新した」(ビック)。その場合、10年間の“模様眺め”は時間の空費に終わる。

◆三越伊勢丹ホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(高橋由里、前田佳子 撮影:梅谷秀司 =週刊東洋経済2011年5月28日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 買わない生活
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT