IMFトップの逮捕、債務問題解消に波乱も


 「DSK(デー・エス・カー)」。ストロスカーン容疑者は名前の頭文字を取り、フランス語でこう称されている。フランス国内での「DSK」人気は高く、次期大統領の最有力候補だった。最近のメディアの世論調査を見ても、支持率はサルコジ現大統領を軒並み大きく上回っていた。

ストロスカーン容疑者自身は出馬表明をしていないが、国内には今回の件で、「政治生命を断たれた」との受け止め方が多い。社会党の代わりの対抗馬としてはオランド前第一書記が有力視されるが、「DSK」は党内でも右派にいただけに、中道支持票がサルコジ大統領へ一気に流れる可能性もある。IMFトップの逮捕は、ユーロ不安からフランス大統領選まで、想定外の影響を及ぼしそうだ。

(松崎泰弘 =週刊東洋経済2011年5月28日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。