IMFトップの逮捕、債務問題解消に波乱も

拡大
縮小


 「DSK(デー・エス・カー)」。ストロスカーン容疑者は名前の頭文字を取り、フランス語でこう称されている。フランス国内での「DSK」人気は高く、次期大統領の最有力候補だった。最近のメディアの世論調査を見ても、支持率はサルコジ現大統領を軒並み大きく上回っていた。

ストロスカーン容疑者自身は出馬表明をしていないが、国内には今回の件で、「政治生命を断たれた」との受け止め方が多い。社会党の代わりの対抗馬としてはオランド前第一書記が有力視されるが、「DSK」は党内でも右派にいただけに、中道支持票がサルコジ大統領へ一気に流れる可能性もある。IMFトップの逮捕は、ユーロ不安からフランス大統領選まで、想定外の影響を及ぼしそうだ。

(松崎泰弘 =週刊東洋経済2011年5月28日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT