Netflix日本コンテンツ、世界席巻へ周到な仕掛け 日本トップの坂本和隆氏が語る参入からの8年

拡大
縮小
ONE PIECE Netflix
『ONE PIECE』は大きな期待を背負って製作された(画像:Netflix提供)

黒船襲来と話題になったNetflixの日本参入から、9月1日で8年が経過した。

全世界の有料会員数は2億3000万を超え、一時期はFacebookやApple、GoogleなどのIT大手企業とならんで「FAANG」とくくられるなど、Netflixは「海外」のIT系サービスという印象を持つ人は少なくないかもしれない。

ただ、実はこの8年の間に、『鬼滅の刃』や『SPY×FAMILY』のような日本発のアニメがNetflix経由で世界中で視聴され、『全裸監督』や『サンクチュアリ-聖域-』のような日本発のドラマも海外で視聴されるようになった。また、実写版『ONE PIECE』が世界中で大ヒットのデビューをかざるなど、Netflixにおける「日本」の存在感は間違いなく増してきている。

今後、Netflixは日本のコンテンツ産業をどこへ導こうとしているのか。Netflixで日本のコンテンツのトップを務める坂本和隆氏に、noteプロデューサーでありブロガーの徳力基彦氏がインタビューした。

日本参入当時の状況は?

Netflixの日本参入から8年が経過しましたが、坂本さんは8年前の参入のタイミングからNetflixにおられました。この8年を振り返ってみて、どうですか?

坂本:やっぱりハードでしたね。最初日本でのNetflixの認知度は低かったので、キャストや事務所、クリエイターの方も含めて、サービスを理解してもらうための時間が最初はとても大切でした。

アメリカ企業だからすぐ撤退するだろうみたいなことも言われていましたし、私自身も実は面接の時にグレッグ・ピーターズに同じことを質問しました。

ただ、当時から彼は、日本市場に長い目で取り組むという覚悟があったんですね。日本がアジアの中心として動いていくべきで、ハリウッドからの遠隔操作だと無理な市場だということを理解していたので、私のような人材が必要だから来てくれと言われて、入社を決めたことをよく覚えています。でも、予想以上に最初の数年はハードでした。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT