帝国ホテルの今期は訪日外国人客等が激減、37年ぶりの大赤字に


 また、会社側は人件費や光熱水道費等の削減を明言するが、前期に375億円あった販売管理費の削減幅は数億円から、大きくとも10億円程度にとどまる見通しだ。この結果、コスト削減をやや多めに見積もっても、18億円程度の営業赤字となりそうだ。

帝国ホテルでは配当予定も非開示だが、現在の新本館竣工(1970年)当時やオイルショック時の赤字決算の際には無配としており、今期も無配とする可能性はある。

ただ当時は立て続けの施設建設で借金過多の体質だったが、現在は逆に無借金で今年3月末現預金は210億円まで積み上げている。今期が赤字でも無借金経営は軽々と維持でき、訪日外国人宿泊客の回復が期待できる来13年3月期以降は黒字決算に復帰する見込みだ。

(野村 明弘 =東洋経済オンライン)

 


《東洋経済・最新業績予想》
 (百万円)    売 上  営業利益   経常利益  当期利益
連本2011.03       50,915      1,785      2,022      1,629
連本2012.03予      45,000     -1,800     -1,600     -1,600
連本2013.03予      49,000        700        900        500
連中2010.09       24,454        724        819        259
連中2011.09予      19,500     -2,100     -2,000     -2,000
-----------------------------------------------------------
          1株益¥    1株配¥
連本2011.03         54.9         25記
連本2012.03予       -53.9       0-10 
連本2013.03予        16.9       0-10 
連中2010.09          8.8         11 
連中2011.09予       -67.4        0-5 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT