東日本大震災でいくら寄付をしましたか?--東洋経済1000人意識調査

東日本大震災でいくら寄付をしましたか?--東洋経済1000人意識調査

東日本大震災での甚大な被害を目の当たりにし、「自分には何ができるか」と考えた人も多かっただろう。もっとも身近な支援の方法として「募金」がある。日本赤十字社には、これまで約1,820億円にのぼる義援金が寄せられている(2011年5月11日現在)。今回は、各個人がどれくらいの金額を寄付したのかアンケートを行った。

東日本大震災での個人の寄付金額は、男性・女性とも1000円~4999円が最も多かった。20代や30代前半では、男女ともに1000円以下という回答も目立ち、また40代では「寄付をしていない」という人も少なくない。一方で、高額な寄付をしている層も見られる。たとえば、20代前半の女性のうち、3.8%は10万円以上の寄付をしている。また、50代後半の女性では25%が1万円~4万9999円、40代前半の男性では7.7%が5万円~9万9999円の寄付をしたと答えている。

地域別に見ると、すべての地域において1000円~4999円の層が最も多く、東日本・西日本を問わず、全国的な関心の高さがうかがえる。ただし、特に被害の大きかった東北地方では、30%が「寄付はしていない」と回答した。

■性・年齢・地域別クロス集計

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT