東日本大震災でいくら寄付をしましたか?--東洋経済1000人意識調査

東日本大震災でいくら寄付をしましたか?--東洋経済1000人意識調査

東日本大震災での甚大な被害を目の当たりにし、「自分には何ができるか」と考えた人も多かっただろう。もっとも身近な支援の方法として「募金」がある。日本赤十字社には、これまで約1,820億円にのぼる義援金が寄せられている(2011年5月11日現在)。今回は、各個人がどれくらいの金額を寄付したのかアンケートを行った。

東日本大震災での個人の寄付金額は、男性・女性とも1000円~4999円が最も多かった。20代や30代前半では、男女ともに1000円以下という回答も目立ち、また40代では「寄付をしていない」という人も少なくない。一方で、高額な寄付をしている層も見られる。たとえば、20代前半の女性のうち、3.8%は10万円以上の寄付をしている。また、50代後半の女性では25%が1万円~4万9999円、40代前半の男性では7.7%が5万円~9万9999円の寄付をしたと答えている。

地域別に見ると、すべての地域において1000円~4999円の層が最も多く、東日本・西日本を問わず、全国的な関心の高さがうかがえる。ただし、特に被害の大きかった東北地方では、30%が「寄付はしていない」と回答した。

■性・年齢・地域別クロス集計

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?