福縁伝授 福原義春著

福縁伝授 福原義春著

雑誌連載エッセーの単行本化、第3作である。好奇心、人の縁、礼節、自然への畏敬の念、と4章に分かれているが、話題は経済界きっての文化人・読書人らしく極めて多彩で、いずれも味わい深い。巻頭の「ゴルフをせざるの弁」と「言葉と文字」で展開される読書賛歌では、読書量の低下傾向と出版界の不振に歯止めがかからないことへの危機感がひしひしと伝わってくる。紹介されるフランスの読書推進策とその成果に学ばない手はないだろう。

「ライカの話」は永年にわたるカメラの趣味に裏付けられて厚みがあるし、「美術館論」は著者が館長として改革に成功した東京都写真美術館の経験を踏まえて説得力十分であり、「擬態」は生物学への好奇心なしには書きえない科学エッセーで非常に面白かった。そして掉尾、「文化の捻れ」は軽々には読みすごせない。戦後日本のリーダー不在と文化についての論考は大震災後の今、一段と重要な問題提起となっている。(純)

集英社 2300円

  

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。