独居の90歳親が「末期がん」、家族はどうすべき? 後悔のない選択をするために考えておきたい事

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 最新
拡大
縮小
90歳、独居の父に肺がんが……。遠方に住む家族はどうしたらいいのでしょうか(写真:mits/PIXTA)
「住み慣れた自宅で療養したい」「最期まで自宅で過ごしたい」という患者や家族の思いを支えるのが、患者宅を訪問して在宅医療や訪問介護などを行う在宅ケアだ。
これまで1000人を超える患者を在宅で看取り、「最期は家で迎えたい」という患者の希望を在宅医として叶えてきた中村明澄医師(向日葵クリニック院長)が、若い人たちにも知ってもらいたい“在宅ケアのいま”を伝える本シリーズ。読者から寄せられた医療や介護に関するお悩みや疑問に、中村医師が答える。
今回の相談は、親が末期がんと診断されたときの家族の見守り方について。末期がんの特徴や起こりうる変化、これからの過ごし方なども踏まえて解説する。

→中村医師へのお悩み相談はこちらまでお送りください。

<デイジーさん(50代)の相談>

90歳の父。1年ほど前から在宅で酸素吸入器をつけて生活していますが、ここひと月くらい呼吸が苦しくなるときがあり、かかりつけ医から紹介された病院で診察を受けたところ、ステージ4の肺がんと診断されました。

それまでも毎週かかりつけ医には通っていたし、生活も1人でできていて、特に大きな体調の変化などはなかったので、急にステージ4と言われてびっくりしています。

伺いたいのは下記の点です。

①高齢者でも末期がんのステージ4だと進行は速いのでしょうか。

②診断された病院では受け入れができないと言われ、紹介された小規模の病院で入院治療が始まってすぐに容体が悪化、緩和ケアを勧められました。90歳でそんな急激に悪くなるのでしょうか。

③緩和ケアが始まると、余命はどのくらいなのでしょうか。

近隣に住んでいるものの、自分にも家族や仕事があり、父親に四六時中付き添っていられません。とはいえ、これまでなんの問題もなく独居をしていた父が末期がんで苦しんでいるのに、ついていてあげられないことにも罪悪感を覚えます。

どのくらいとわかれば介護休暇の申請などもできると思って、相談しました。よろしくお願いいたします(※相談内容は一部変えています)。

家族は後悔のない選択を

<中村医師の返事>

ステージ4の肺がんと診断されたとのこと、お父様もご家族も、突然のことでとても驚かれたと思います。

ショックも大きいと思いますが、今大切なのは「あのときこうしていたら」と振り返るより、これからどう過ごすかを考えること。お父様やご家族にとって、後悔のない選択をしてほしいと願います。

次ページなぜ、がんを発見できなかったのか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT