「昼顔」から9年、「あなして」が注目を集める必然 なぜ今、セックスレスドラマが量産されるのか

拡大
縮小
話題の春ドラマはセックスレスというテーマを扱っている(画像:「あなたがしてくれなくても」公式HPより

スタートから1カ月あまりが過ぎた春ドラマ。その中で、「あなたがしてくれなくても」(フジテレビ系、毎週木曜夜10時~)は最大の話題作と言っていいでしょう。

視聴率の低迷を指摘する一部メディア報道もありますが、これは明らかなミスリード。タイトル通りセックスレスを前面に出した物語だけに、「リアルタイムで家族と見る」という人はおのずと少なくなり、「配信や録画でこっそり見る」という人が増えるのは当然だからです。

TVerの見逃し配信再生数1話あたり約350万回超

実際、TVerの見逃し配信再生数1話あたり約350万回超、TVerのお気に入り登録者数、ツイッターのツイート数とトレンド入り数、ネットメディアの記事数などがすべて今春のトップクラス。しかも右肩上がりで増え続けていることから、今後もさらなる盛り上がりが予想されます。

当作はセックスレスをきっかけに不倫がはじまる物語であり、スタート前から「このテーマを22時台のプライムタイムで放送すること」が話題を集めていました。

実はセックスレスというテーマは近年の隠れトレンドで、この2年だけでも「それでも愛を誓いますか?」(ABC・テレビ朝日系)、「夫婦円満レシピ~交換しない?一晩だけ~」(テレビ東京系)、「私のシてくれないフェロモン彼氏」(TBS系)、「わたしの夫は―あの娘の恋人―」(テレビ東京系)などが放送。さらに現在Paraviで「私と夫と夫の彼氏」が先行配信していて、テレビ東京系でも5月31日から放送予定です。

ただこれらの作品はすべて深夜帯の放送だったため、その影響力は限定的なものにとどまっていました。深夜帯に放送された理由は、「セックスレスというテーマがセンセーショナルかつセンシティブのため、『見る人を選ぶ』と思われている」からでしょう。

次ページセックスレスや不倫に対する人々と作り手の変化
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT