アフリカ 資本主義最後のフロンティア 「NHKスペシャル」取材班著

アフリカ 資本主義最後のフロンティア 「NHKスペシャル」取材班著

9億人の巨大市場、豊富な資源、急速な経済成長などにより、資本主義最後のフロンティアと呼ばれ、世界中の熱い視線を浴びるアフリカ。本書では特に、政情不安が報道される北部ではなく、東部の9カ国を取材している。

携帯電話を自在に操る「ITマサイ」と呼ばれる人たちが現れたケニア。中国企業進出の最前線の舞台となったエチオピアやザンビア。金の採掘で外貨を稼ぐタンザニアなど。グローバル経済をテコに急成長を遂げるこれらの国々だが、その陰で植民地時代の負の遺産がもたらした悲劇の数々も語られている。

NHK番組「アフリカンドリーム」のディレクターが、1年間にわたるテレビ取材をまと
めたドキュメント。

新潮新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 内田衛の日々是投資
  • ルポ「ホームレス」
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。