東日本大震災で進む東北産離れ、不安払拭へ険しい道


 野菜は関税率が低く、これまでも多くの品目が輸入されている。出荷停止の分を輸入の拡大で補うことは十分可能だ。「これを機に、2008年の中国産冷凍ギョーザ問題以来敬遠されていた輸入野菜の取り扱いを増やしていく可能性もある」(都内スーパーの生鮮食品担当者)との声もある。

漁業も供給自体に不安はない。三陸沖は世界有数の漁場といわれる。だが、岩手、宮城、福島、茨城県を合わせた水産物の生産シェアは15%弱。岩手と宮城県の合計で日本のワカメの8割、カキ3割を占めるなど、同地域のシェアが一部高い品目はあるものの、カキの場合、「コストは約1・5倍になり、人気や品質で劣る」(日本かきセンターの津久井研悟社長)点を消費者が許容すれば、海外産で代替できる。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT