東日本大震災で進む東北産離れ、不安払拭へ険しい道


 野菜は関税率が低く、これまでも多くの品目が輸入されている。出荷停止の分を輸入の拡大で補うことは十分可能だ。「これを機に、2008年の中国産冷凍ギョーザ問題以来敬遠されていた輸入野菜の取り扱いを増やしていく可能性もある」(都内スーパーの生鮮食品担当者)との声もある。

漁業も供給自体に不安はない。三陸沖は世界有数の漁場といわれる。だが、岩手、宮城、福島、茨城県を合わせた水産物の生産シェアは15%弱。岩手と宮城県の合計で日本のワカメの8割、カキ3割を占めるなど、同地域のシェアが一部高い品目はあるものの、カキの場合、「コストは約1・5倍になり、人気や品質で劣る」(日本かきセンターの津久井研悟社長)点を消費者が許容すれば、海外産で代替できる。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT