糞尿放置→逃走、イベント会場の迷惑飼い主「5選」 あきれる実態を紹介、守りたいルール・マナー

拡大
縮小
いろんな人・動物が来場するペットイベント。迷惑な飼い主は困りものです(写真:おでか犬/PIXTA)

近年、バラエティに富んだペットイベントが各地で開催されています。ペット用品などを販売する店舗も数多く出店していて、それを楽しみにイベントに参加する飼い主も多いようです。

ここ数年はコロナ禍の影響で開催中止となっていましたが、3月13日にマスクの着用ルールも緩和されたことから、徐々に開催の告知が増えてきました。心待ちにしていた飼い主も多く、今後のペットイベントの盛況が期待されています。

筆者は仕事柄、多くのペットイベントに参加していますが、その会場で飼い主の横暴と思われるような振る舞いを目にすることがあります。「マナー」や「モラル」を度外視して、周囲に迷惑をかけてしまう飼い主が少なからずいます。

「マナーが悪いと思った」が9割

2021年9月、株式会社PLAN-Bが運営する犬の情報発信メディア「INUNAVI」が全国の10代~60代以上の338人を対象に、「わんちゃんの飼い主さんのマナー」に関するアンケート調査を実施しました。飼い主のマナーが悪いと思ったことがある人は91.1%もいたそうです。

とくに多くの人や動物が集まるペットイベントでは、周囲に迷惑をかけないよう気を配る必要があります。筆者が実際に目撃したいくつかのケースから、「迷惑な飼い主」にならないために必要なことを考えてみます。

ケース1:犬の糞尿の処理をせず逃走

あるイベントでのこと。シベリアンハスキーが会場内で糞尿をしてしまいました。飼い主は「ごめんなさい。今、拭くものを車から持ってくるので」と言って、愛犬を引っ張って出口のほうに走っていきました。

見ていた数人の飼い主は、「犬が粗相をしてしまうのは仕方がないけど、なんで飼い主が拭くものなどを持参してないの?」と言いながら、他の人が踏まないようにと注意を促しながら待っていました。

しかし、20分以上経ってもその飼い主は戻ってきませんでした。結局、会場スタッフに連絡し、片付けてもらいました。

ケース2:販売商品にマーキングする犬に気付かない

オスのチワワを連れた飼い主が、おもちゃを販売している店舗で品定めをしていました。チワワはリードにつながれて歩いていましたが、飼い主が歩くたびに足元に置かれた段ボールにマーキングをしています。

近くにいる人が声を上げるとすぐに店員が気付き、「あちこちにマーキングをしているので、抱っこしてください」と注意をしました。飼い主は「え~、気が付かなかった。ごめんね~」と笑いながら、そそくさとその店を離れました。

店員がいくつかの段ボールをチェックすると、商品にも被害が及んでいました。「なんでマナーベルト(オス犬特有のマーキングが周囲への迷惑にならないように、オス犬のお腹部分に巻き付けて使うアイテム)していないのか、マナーがなってない」と憤慨していました。

次ページ購入前のおやつを犬に与える
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT