コーセーの秘蔵っ子、ジルスチュアートの秘密、他社大苦戦の中価格化粧品市場で絶好調

コーセーの秘蔵っ子、ジルスチュアートの秘密、他社大苦戦の中価格化粧品市場で絶好調

化粧品口コミサイト大手、アットコスメが81万件の一般ユーザーの評価で選ぶ「ベストコスメ大賞」。2010年度、6万品目の化粧品の中から、1位の総合大賞に輝いたのは、「ジルスチュアート」というブランドのチーク(ほお紅)「ミックスブラッシュコンパクト」だった。チーク部門では3年連続1位を記録し、同サイトで人気化粧品のお墨付きともいえる“殿堂入り”を果たしている。

ジルスチュアートは米国の女性デザイナー、ジル・スチュアート氏とコーセーが提携して立ち上げた化粧品ブランド。テイストは「キュート、プリティ、セクシー」。売り場は宝石箱をイメージしたピンク色を基調とし、化粧品を手にする女性客の口から思わず「かわいい!」という言葉がこぼれる。

05年の販売開始後、人気に火がついた。07年、クリスマス限定の化粧品セットを発売したところ、発売日は開店前から女性が殺到。小田急百貨店新宿店の階段には売り場がある2階から8階まで長蛇の列ができた。百貨店や化粧品専門店など計48店と店舗数が増えた現在でも、限定商品の販売初日には行列ができる。

ジルスチュアートの価格帯は1000~7000円程度。市場が大苦戦している価格帯だ。リーマンショック以後、化粧品市場でも低価格志向が加速。ドラッグストアなどで販売されている1000円以下の低価格に需要がシフトし、百貨店で売られている3000~5000円の中価格品は縮小傾向にある。資生堂「マキアージュ」など、各メーカーの主力ブランドも例外ではない。

その中でもジルスチュアートは毎年2ケタ増。韓国、香港、台湾にも進出し、6年で数10億円の中堅ブランドに成長した。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。