コーセーの秘蔵っ子、ジルスチュアートの秘密、他社大苦戦の中価格化粧品市場で絶好調

コーセーの秘蔵っ子、ジルスチュアートの秘密、他社大苦戦の中価格化粧品市場で絶好調

化粧品口コミサイト大手、アットコスメが81万件の一般ユーザーの評価で選ぶ「ベストコスメ大賞」。2010年度、6万品目の化粧品の中から、1位の総合大賞に輝いたのは、「ジルスチュアート」というブランドのチーク(ほお紅)「ミックスブラッシュコンパクト」だった。チーク部門では3年連続1位を記録し、同サイトで人気化粧品のお墨付きともいえる“殿堂入り”を果たしている。

ジルスチュアートは米国の女性デザイナー、ジル・スチュアート氏とコーセーが提携して立ち上げた化粧品ブランド。テイストは「キュート、プリティ、セクシー」。売り場は宝石箱をイメージしたピンク色を基調とし、化粧品を手にする女性客の口から思わず「かわいい!」という言葉がこぼれる。

05年の販売開始後、人気に火がついた。07年、クリスマス限定の化粧品セットを発売したところ、発売日は開店前から女性が殺到。小田急百貨店新宿店の階段には売り場がある2階から8階まで長蛇の列ができた。百貨店や化粧品専門店など計48店と店舗数が増えた現在でも、限定商品の販売初日には行列ができる。

ジルスチュアートの価格帯は1000~7000円程度。市場が大苦戦している価格帯だ。リーマンショック以後、化粧品市場でも低価格志向が加速。ドラッグストアなどで販売されている1000円以下の低価格に需要がシフトし、百貨店で売られている3000~5000円の中価格品は縮小傾向にある。資生堂「マキアージュ」など、各メーカーの主力ブランドも例外ではない。

その中でもジルスチュアートは毎年2ケタ増。韓国、香港、台湾にも進出し、6年で数10億円の中堅ブランドに成長した。


ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT