21世紀の人類が手にした「ゲノム編集」という技術 『ゲノム編集の世紀』『デモクラシーの現在地』など書評3冊

✎ 1〜 ✎ 381 ✎ 382 ✎ 383 ✎ 最新
拡大
縮小
ブックレビュー『今週の3冊』

 

[Book Review 今週のラインナップ]

・『ゲノム編集の世紀 「クリスパー革命」は人類をどこまで変えるのか』

・『デモクラシーの現在地 アメリカの断層から』

・『日本の戦略力 同盟の流儀とは何か』

『ゲノム編集の世紀 「クリスパー革命」は人類をどこまで変えるのか』ケヴィン・デイヴィス 著/田中 文 訳(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

評者・サイエンスライター 佐藤健太郎

世の中に科学技術と名のつくものは数あれど、世界に影響を与えるほどのものはごくわずかだ。2012年に登場した「ゲノム編集」という技術はその最たるもので、インパクトの大きさと影響範囲の広さで世界を震撼させた。「21世紀最大の科学の躍進」「神の技術」と評する者さえいる。

カギとなったのは、「CRISPR-Cas9」(クリスパーキャスナイン、以下クリスパー)というツールの登場だ。クリスパーは、DNA内の狙った1文字だけをピンポイントで書き換えることを可能にした。しかも従来技術に比べてはるかに安価で扱いやすい。まさしく分子生物学の革命であった。

21世紀の人類が手にした「神の技術」の歴史と展望

すでに多くの関連書籍が世に出されているが、本書は20年代初頭におけるこの分野の集成といえる内容だ。クリスパー発見の歴史と人間ドラマ、医療への応用と影響、特許をめぐる暗闘、未来への展望などが、当事者への綿密な取材を交えて描き出される。

ゲノム編集は食料の増産にもつながるし、新種の病原体によるバイオテロにも用いうる。まさにパンドラの箱だ。そればかりか、例えば先天的に異常のあるDNAを修復することによって、各種遺伝子疾患の治療も可能にする。だが、その影響は完全には読み切れず、予想外の結果を招くこともありうる。書き換えられた遺伝子はパートナーの遺伝子と混ざり合って、子々孫々に伝わるため、無害であると保証することは不可能なのだ。

次ページ『デモクラシーの現在地 アメリカの断層から』
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内