「残念」な日本経済、「物価高」でも上がらない賃金 日本経済、創業家の悲劇、中華帝国など書評3冊

✎ 1〜 ✎ 373 ✎ 374 ✎ 375 ✎ 最新
拡大
縮小
ブックレビュー『今週の3冊』

 

[Book Review 今週のラインナップ]

・『日本経済の見えない真実 低成長・低金利の「出口」はあるか』

・『亀裂 創業家の悲劇』

・『悪党たちの中華帝国』

『日本経済の 見えない真実 低成長・低金利の 「出口」はあるか』門間一夫 著
『日本経済の見えない真実 低成長・低金利の「出口」はあるか』門間一夫 著 (書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

評者・上智大学准教授 中里 透

コロナ前を振り返ると、低成長・低インフレ・低金利を基調とする長期停滞が、現実の問題として懸念されていた。だが、コロナ禍を経て多くの国で物価高が社会問題となり、経済の位相は大きく変わったように見える。

もっとも、現在の日本についてみると、「物価高」は資源価格の高騰を起点とする海外発のもので、経済活動は依然としてコロナ前(2019年10月の消費増税前)の水準まで回復していない。こうした中、日米金利差の拡大などを受けて円安が進行し、政府と日本銀行は難しい舵取りを迫られている。

景気回復の遅れと足元の物価高のもとで、日本経済の先行きはどう見通せばよいのか。本書はこの点について有益な手がかりを与えてくれる。

物価上昇と上がらない賃金 「残念な日本経済」に迫る

本書の記述を貫く基本的な認識は、日本のような先進国では低成長が常態であり、物価や金利が一時的に上振れすることはあったとしても、早晩、低インフレ・低金利の状態に引き戻されることになるというものだ。足元、消費者物価指数の上昇率は2%を上回って推移しているが、コストプッシュ型のインフレには持続性がないと著者は言う。その背景には、物価上昇に賃金が追いつかない、残念な日本経済の姿がある。

本書の特徴は、オーソドックスな経済分析の枠組みに立脚しつつも、よくある「主流派」の通説とは一線を画し、独自の視点から興味深い見解が示されていることだ。それは財政政策をめぐる議論に端的に表れている。

次ページ『亀裂 創業家の悲劇』
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内