「世の中は不条理」と考える人ほどプラス思考な訳 トップランナー3000人超への取材で見えたもの

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
突き抜けた結果を出している人ほど、陰ではとんでもない努力をしています(写真:花咲かずなり/PIXTA)
著名人や経営者、研究者など、各界トップランナーへの20年超にわたる取材歴で、これまで3000人以上にインタビューしてきた上阪徹さん。取材を通して、一流の結果を出す人には共通するものの見方や捉え方があることに気づいたと言います。思い返せば、自分自身も不遇だった20代に「自分のために働くのをやめて、誰かのために働こう」と意識を切り替えたことで、人生を切り拓いていったそう。
本稿では、新刊『マインド・リセット――不安・不満・不可能をプラスに変える思考習慣』から一部を抜粋し、どんな状況でもうまくいく人に共通する思考法、人生の切り拓き方を3回にわたって紹介します。今回は1回目です。

「プロフェッショナル」と呼ばれている人たちに数多く取材するなかで、私は彼らにいくつもの共通項があることに気づきました。そのひとつが、若いときの苦労や努力を苦しいものだと思っていない、ということです。

起業家しかり、メダリストしかり、有名俳優しかり。突き抜けた結果を出している人ほど、陰ではとんでもない努力をしています。

当然ながら、人と同じことをして、そんな結果を出せるわけがありません。多少の才能があっても、人並み外れた努力をせずに成功できるほど世の中は甘くないのです。しかし、そんな血の滲むような努力すら、当人は大した努力と思っていませんでした。並大抵の苦労ではないのに、皆、涼しげな顔をして当時を振り返るのです。

自分で自分を上機嫌にできるか

しかし、そんなにストイックに自分を追い込み続けていては、さすがにどこかで息切れを起こしてしまうはず。そこでいろいろ聞いてみてわかったのが、彼らは自分を喜ばせることがとてもうまい、ということでした。

幸せのハードルが低いと、ちょっとしたことでも幸せに感じられます。そうやって気持ちを高められれば、次のモチベーションにつなげていくことができるわけです。

一方で、こんなことにも気づきました。彼らは世の中や人生の不条理さ、不合理さをしっかりと受け止めている、ということです。人生が思い通りにならないなんて、当たり前のこと。そもそも世の中は、不条理で不合理で不平等で理不尽で残酷なもの……。

この現実に気づいているからこそ、強くもなれるのです。 「そもそも人生は苦しい。生きていくのは大変だ」。これが前提になれば、苦しい現実を突きつけられても、「どうして自分ばかりこんなことに!?」とはならないのです。

20年以上にわたって芸能界で活躍している著名なタレントに取材したときのこと、長きにわたる活躍の秘訣を「実力1割、運9割」と語っていて驚いたことがあります。努力して実力を磨くのは当たり前。そのうえで、うまくいくかどうかは運が9割だったというのです。才能や実力だけではない。運が9割です。 何と残酷な話でしょうか。しかし、これが現実なのだと思います。

次ページ人生は泥まみれ、汗まみれ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT