Facebookが直面する"集団訴訟"という難題

「未成年が親に無許可で購入したら返金せよ」

[11日 ロイター] - 米カリフォルニア州の連邦地裁は11日、米フェイスブックのウェブサイト上で子どもが無断で親の金銭を使用した場合、同社に対して返金を求める米国の集団訴訟に直面しなければならないとの判断を下した。

同地裁のベス・レブソン・フリーマン判事は、集団訴訟の原告がフェイスブックに対し、未成年者によるオンライン取引の方法を変更すべきだと強く訴える可能性があると指摘した。

また米連邦最高裁判所の判例に基づき、返金は集団としては求められないが、個別に返金を要請することは可能だとの認識を示した。判事は公判期日を10月19日に設定した。

フェイスブックは訴訟にはメリットがないとして、争う構えを示している。

フリーマン判事は「一部の未成年者は使用許可を得ていないクレジットカードやデビットカードを用い、購入継続を望むかもしれない。だが、こうした未成年者の望みがあっても、フェイスブックの方針が適法となるよう求める訴訟の提起を阻止することはできない」と指摘した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。