Facebookが直面する"集団訴訟"という難題

「未成年が親に無許可で購入したら返金せよ」

[11日 ロイター] - 米カリフォルニア州の連邦地裁は11日、米フェイスブックのウェブサイト上で子どもが無断で親の金銭を使用した場合、同社に対して返金を求める米国の集団訴訟に直面しなければならないとの判断を下した。

同地裁のベス・レブソン・フリーマン判事は、集団訴訟の原告がフェイスブックに対し、未成年者によるオンライン取引の方法を変更すべきだと強く訴える可能性があると指摘した。

また米連邦最高裁判所の判例に基づき、返金は集団としては求められないが、個別に返金を要請することは可能だとの認識を示した。判事は公判期日を10月19日に設定した。

フェイスブックは訴訟にはメリットがないとして、争う構えを示している。

フリーマン判事は「一部の未成年者は使用許可を得ていないクレジットカードやデビットカードを用い、購入継続を望むかもしれない。だが、こうした未成年者の望みがあっても、フェイスブックの方針が適法となるよう求める訴訟の提起を阻止することはできない」と指摘した。

人気記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • ビジネスパーソンのためのポケモンGO攻略法
  • 若手社員のための「社会人入門」
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。