Facebookが直面する"集団訴訟"という難題

「未成年が親に無許可で購入したら返金せよ」

[11日 ロイター] - 米カリフォルニア州の連邦地裁は11日、米フェイスブックのウェブサイト上で子どもが無断で親の金銭を使用した場合、同社に対して返金を求める米国の集団訴訟に直面しなければならないとの判断を下した。

同地裁のベス・レブソン・フリーマン判事は、集団訴訟の原告がフェイスブックに対し、未成年者によるオンライン取引の方法を変更すべきだと強く訴える可能性があると指摘した。

また米連邦最高裁判所の判例に基づき、返金は集団としては求められないが、個別に返金を要請することは可能だとの認識を示した。判事は公判期日を10月19日に設定した。

フェイスブックは訴訟にはメリットがないとして、争う構えを示している。

フリーマン判事は「一部の未成年者は使用許可を得ていないクレジットカードやデビットカードを用い、購入継続を望むかもしれない。だが、こうした未成年者の望みがあっても、フェイスブックの方針が適法となるよう求める訴訟の提起を阻止することはできない」と指摘した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。