有料会員限定

中国軍「台湾包囲演習」で習近平政権が失ったもの 軍事演習は自らを不利な立場に追い込んだ

✎ 1〜 ✎ 365 ✎ 366 ✎ 367 ✎ 最新
拡大
縮小

ペロシ氏の訪台に反発する中国。だが強硬な世論は習政権が糸を引いている可能性あり。

空港で記念撮影するペロシ米下院議長ら
8月2日夜、台湾に専用機で到着したペロシ米下院議長(右から4人目)ら。翌日には台湾を離れた(提供:TAIWAN'S MINISTRY OF FOREIGN AFFAIRS(MOFA)/AFP/アフロ)

8月2日夜、中国のネット世論は興奮の中にあった。ナンシー・ペロシ米下院議長を乗せた専用機が台湾方面に向かったためだ。中国当局が台湾訪問を「座視しない」と宣伝したため、すわ米中の開戦かと、無数の人々が飛行ルート追跡サイト「フライトレーダー24」に殺到した。

同サイトの発表では閲覧者数は70万人。だがこれは過小だ。そのデータが転送されていたあるサイトでは、専用機の台湾到着時の訪問者カウンターは400万人超え。飛行途中に回線パンクでデータが表示されなくなると、ネット民は「解放軍が撃墜したか」「祖国万歳」と書き込み、大騒ぎになった。

実際には搭乗機は撃ち落とせない。その代わりというわけではないが、中国軍は4日、台湾包囲演習において太平洋域に9発のミサイルを発射し、うち5発は日本の排他的経済水域(EEZ)に着水した(日本の防衛省発表)。中国軍の強大化を実感できた人民はようやく溜飲を下げた。

次ページ習政権の目的とは
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内