キリンホールディングスの仙台工場と取手工場が稼働停止で再開メド立たず【震災関連速報】

キリンホールディングスの仙台工場と取手工場が稼働停止で再開メド立たず【震災関連速報】

キリンホールディングスは、11日に起きた東日本巨大地震の影響で所有する仙台工場(宮城県仙台市)と取手工場(茨城県取手市)に甚大な被害が及んだ。

仙台工場はビールの貯蔵タンク4つが壊れ、復旧と再稼働のメドは全く立っていない。取手工場もビール貯蔵タンク3つと天井の一部に大きな損害が生じた。仙台工場より損害は軽く、復旧を急いでいるが同様に稼働のメドは立っていない状況だ。

キリン広報部によれば「従業員にケガなどはなく、全員の無事をすでに確認済み」だという。従業員数は仙台工場で479名、取手工場で682名。今後については具体的に考える段階にきておらず、先行きは不透明なままだ。

今後、影響が拡大すると考えられるのは物流関連。無事だったキリンビールの横浜工場(神奈川県横浜市)などの出荷範囲を拡大し、被害があった2工場が供給していた東北全域と関東一部地域の出荷停滞をカバーする。そのため、いったん全ての出荷を全面停止し出荷ルートを見直し中だ。

なお、キリンホールディングス傘下で清涼飲料を販売するキリンビバレッジは農林水産省からの要請を受け、現時点で18万5000本の飲料水を宮城県に輸送している。さらなる要請がくる事は確実で、これに応えられるよう体制を強化中という。

「東洋経済オンライン」は今2011年12月期の業績に影響を及ぼすほどの損害が生じる可能性が高いと予想するが、現時点での被害額の推計は不可能なため、下表の予想に震災の影響を織りこんでいない。今後、業績への影響が判明次第、順次予想を見直す可能性がある。


(張 子渓 =東洋経済オンライン)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売 上  営業利益 経常利益  当期利益
連本2010.12  2,177,802 151,612 140,969 11,394
連本2011.12予 2,100,000 152,000 148,000 58,000
連本2012.12予 2,000,000 153,000 149,000 58,500
連中2010.06  1,010,177 59,826 56,298 7,156
連中2011.06予 970,000 57,000 58,000 18,000
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2010.12  12.0 25 
連本2011.12予 60.3 27 
連本2012.12予 60.8 27 
連中2010.06  7.5 12.5 
連中2011.06予 18.7 13.5 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT