有料会員限定

「中国版消費減税」で景気回復につながるのか 政府は付加価値減税の拡充でテコ入れに躍起

✎ 1〜 ✎ 358 ✎ 359 ✎ 360 ✎ 最新
拡大
縮小

付加価値減税の拡充は決まったが、個人への救済策はないままだ。現状では消費刺激の効果は限定的か。

上海ではロックダウンが続いていたが、6月に解除された。飲食街に人が戻ってきた(写真:AP/アフロ)

参議院選挙が始まった。円安とウクライナ危機を背景とした原材料・穀物価格の高騰が小売業や家計を直撃する中、消費税減税の是非が選挙の争点の1つとなっている。一方で、日本ではほとんど知られていないが、ゼロコロナ政策への固執によって2020年初頭の全面的な都市封鎖(ロックダウン)以来の景気の落ち込みに直面している中国も、かなり大規模な消費税(付加価値税)減税を実施している。

もっとも、中国政府が実施したのは日本で議論されているような税率の引き下げではなく、付加価値税の未控除分の前倒し還付である。これは、企業が納税期間中、「仕入れの際に支払った付加価値税」と「販売の際に徴収した付加価値税」を相殺したうえで、前者が後者を上回っているとき、その差額を還付する制度である。

次ページコロナ禍前の均衡財政主義に戻す狙い
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内