有料会員限定

個人投資の参考にもなるGPIFの「ポートフォリオ」 2度の方針変更で30兆円以上の収益拡大に成功

印刷
A
A

約200兆円もの資金を運用するGPIF。しかしその運用方針は、個人が投資の戦略を考えるうえでも参考になる。

約200兆円もの資金を運用し、市場では「クジラ」と呼ばれる(撮影:今井康一)

特集「インフレ時代の資産運用術」の他の記事を読む

7月1日にGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が2021年度決算を公表する。

ロシアのウクライナ侵攻や、FRB(米連邦準備制度理事会)の金融引き締めなどを背景に、株価が下落しているが、年間の運用収益はプラスを確保しそうだ。収益額は第3四半期末(21年12月末)時点の5.4兆円からは減少する可能性もあるが、01年度以降の21年間の成績は、14勝7敗となる。

国内債券の比率減らし国内外の株式増やす

GPIFは現在、運用の基準となる資産配分(基本ポートフォリオ)を国内外の株式と債券に25%ずつと定めている。従来は運用の安全性を優先するため国内債券(主に日本国債)を60%としていたが、国債利回りの極端な低下などを背景に2度変更した。

1回目の14年11月には国内債券を35%に減らす一方、国内外の株式をそれぞれ12%から25%ずつに倍増し、外国債券の比率も11%から15%に高めた。利回りが見込めない日本国債から、ある程度のリスクを承知で株式などにシフトした。

次ページ変更効果はプラス30兆円超
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
インフレ時代の資産運用術
経済評論家・山崎元氏が説く資産運用の3原則
2度の方針変更で30兆円以上の収益拡大に成功
iDeCo・NISAを使えば効率的に資産を増やせる
複眼経済塾エミン氏が語る、今投資するならこれ!
サブスク解約に将来の出費を抑える選択も効果大
迫り来るスタグフレーションと逆風相場の足音
ファイナンシャルプランナーがアドバイス
資産運用しながら節税できる「iDeCo」が最強か
不動産相続、生前贈与は難しくなる一方だ
住宅ローン、早くも固定金利がじわり上昇も
「取り崩しながら運用していく」の3パターン
リスク、リターンに加え「期間」がカギを握る
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内