有料会員限定

インフレ時代こそ「老後の資産戦略」が重要だ 「取り崩しながら運用していく」の3パターン

✎ 1〜 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12
拡大
縮小

資産運用をしている高齢者でも、“資産の取り崩し方法”について知識がない人が多い。その手法について、3つのパターンを紹介する。

老後資産をどう取り崩すかという戦略も重要(写真:PIXTA)

特集「インフレ時代の資産運用術」の他の記事を読む

退職世代にとってインフレは現役世代よりも深刻だ。インフレで現役世代の賃金が上昇しても、退職世代の公的年金の受給額の上昇幅は、制度上、賃金上昇率以下に抑えられてしまう。

退職世代の生活を示す等式として、生活費=勤労収入+年金収入+資産収入というのがよく使われる。インフレで生活費が上昇すれば、3つの収入増でカバーしなければならない。ただ、勤労収入増には年齢的な限界があり、年金収入増も前述のとおり限界がある。

そこで資産収入に期待がかかるが、資産運用をしている高齢者でも、多くが「保有資産の資産収入化」、すなわち“資産の取り崩し方法”にほとんど知識を持っていない。

次ページ引き出し額を「率」で決める
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
インフレ時代の資産運用術
経済評論家・山崎元氏が説く資産運用の3原則
2度の方針変更で30兆円以上の収益拡大に成功
iDeCo・NISAを使えば効率的に資産を増やせる
複眼経済塾エミン氏が語る、今投資するならこれ!
サブスク解約に将来の出費を抑える選択も効果大
迫り来るスタグフレーションと逆風相場の足音
ファイナンシャルプランナーがアドバイス
資産運用しながら節税できる「iDeCo」が最強か
不動産相続、生前贈与は難しくなる一方だ
住宅ローン、早くも固定金利がじわり上昇も
「取り崩しながら運用していく」の3パターン
リスク、リターンに加え「期間」がカギを握る
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内