有料会員限定

長期ならプラス勝率高まる「投資配分の最適解」 リスク、リターンに加え「期間」がカギを握る

印刷
A
A

リスクをどこまで許容するかで資産運用のポートフォリオの中身が変わっていく。その「最適解」とは?

リスクをどこまで許容するかでポートフォリオの中身も変わる (写真:PIXTA)

特集「インフレ時代の資産運用術」の他の記事を読む

投資においてはリスクとの向き合い方が重要になる。「投資は怖い」と考える人の多くは「リスクが怖い」のではないか。リスクは「正しく恐れる」ことが肝心だ。そこで知っておくべきなのが、「投資期間が長いほど、リスクとリターンの関係が改善する」ことだ。

リスクとリターンの関係

投資信託の説明書には、「リスク20%」や、「リターン5%」といった情報が書かれている。これは、1年当たりのリスクやリターン(利回り、収益率)の大きさだ。リスクは収益の振れ幅で、リスクが高いと価格が大きく上昇する可能性がある一方、大幅下落の可能性も高くなる。

投資期間が2年、3年……と長くなればリスクとリターンの大きさも変わる。例えば、ある投資信託の年率リターンが5%の場合、10年後のリターンは約63%(=1.05の10乗-1)で、年率リターンの約12.5倍になる。

次ページリスクで変わる投資配分
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
インフレ時代の資産運用術
経済評論家・山崎元氏が説く資産運用の3原則
2度の方針変更で30兆円以上の収益拡大に成功
iDeCo・NISAを使えば効率的に資産を増やせる
複眼経済塾エミン氏が語る、今投資するならこれ!
サブスク解約に将来の出費を抑える選択も効果大
迫り来るスタグフレーションと逆風相場の足音
ファイナンシャルプランナーがアドバイス
資産運用しながら節税できる「iDeCo」が最強か
不動産相続、生前贈与は難しくなる一方だ
住宅ローン、早くも固定金利がじわり上昇も
「取り崩しながら運用していく」の3パターン
リスク、リターンに加え「期間」がカギを握る
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内