スズキ「新型アルト」買うならどのグレード? 原点に立ち返ったスタンダード軽の狙い目は?

印刷
A
A

ガソリン車で選ぶなら、どのグレードがオススメ?

ガソリン車でオススメとなるLグレードの外観(写真:スズキ)
ガソリン車でオススメとなるLグレードの外観(写真:スズキ)

一方、ガソリンモデルを検討しているのであれば、オススメしたいのは「L」にメーカーオプションの「アップグレードパッケージ」をプラスした仕様である。

価格こそ113万800円と、「HYBRID S」を若干上まわってしまうが、「HYBRID S」には備わらないLEDヘッドランプ、フルオートエアコン、リヤシートヘッドレスト、助手席シートヒーター、スモークガラス、運転席シートリフターなど、あるといいなと思える装備がプラスされるため、購入後の満足度が非常に高い仕様といえるのだ。

メーカーオプションはどれを選ぶべきか

メーカーオプションについては、前述の「L」グレードに装着をオススメした「アップグレードパッケージ」のほか、「HYBRID X」には「全方位モニター付ディスプレイオーディオ装着車」「全方位モニター用カメラパッケージ装着車」が、「HYBRID S」には「LEDヘッドランプ装着車」が、「HYBRID S」「L」「A」には「バックアイカメラ付ディスプレイオーディオ装着車」がそれぞれ設定されている。

すれ違い支援機能のモニター画像(写真:スズキ)
すれ違い支援機能のモニター画像(写真:スズキ)

「HYBRID X」に用意される全方位モニターとは、クルマを上空から見たような映像をモニターに映し出してくれるほか、すれ違い支援機能として狭い道を低速で走行中、自動で左側+フロント映像を表示してくれるなど、運転に不安のあるユーザーにはうれしい装備となっているほか、フロントウィンドウに情報を投影するヘッドアップディスプレイもプラスされる。

ただし、全方位モニター付ディスプレイオーディオ装着車はプラス11万2200円、全方位モニター付カメラパッケージ装着車は7万9200円で別途対応するオプションのナビゲーションの装着が必要となるため、コスト的に悩ましい部分と言える。

LEDヘッドランプ装着車は5万7200円高となり、スモークガラスとUVカット機能付ガラスもプラスされるが、こちらも費用対効果を考えると微妙というのが本音である。

7インチディスプレイおーディの装着イメージ(写真:スズキ)
7インチディスプレイオーディオの装着イメージ(写真:スズキ)

一方、バックアイカメラ付きディスプレイオーディオ装着車は、5万5000円で装着できるにもかかわらず、Bluetooth対応のディスプレイオーディオにバックアイカメラ、USBソケット、GPSアンテナ、ハンズフリーマイク、ステアリングスイッチなどが一括装着されるため、非常にコストパフォーマンスに優れ、対応するグレードをチョイスするのであれば、ぜひ選んでおきたい。

正直、完全な移動のアシとして割り切るのであれば、「A」でも充分実用に耐えうる装備を持つ新型アルトではあるが、日々の移動を少しでも楽しく快適にしたいと考えているのであれば、前述した2グレードをオススメしたいところである。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT