スズキ「新型アルト」買うならどのグレード? 原点に立ち返ったスタンダード軽の狙い目は?

印刷
A
A
Aグレードのインテリア(写真:スズキ)
Aグレードのインテリア(写真:スズキ)

そのため、Aグレードでは加飾らしい加飾はすべて省かれてホイールカバーすら備わらず、後部ドアのウインドウは開閉機構が省かれた固定式になり、電動格納ミラーも省略されるといった簡素ぶりであるため、5.5万円を抑えるためだけにAグレードを選ぶのはオススメしづらいというのが本当のところ。

ハイブリッド車にするか、ガソリン車にするか

今回、アルトにはじめて設定されたハイブリッドモデルだが、パワートレイン以外の装備が似通った「HYBRID S」と「L」で比較すると、その価格差はおよそ10万円となる。

アルトに搭載されているマイルドハイブリッドの動作イメージ(写真:スズキ)
アルトに搭載されているマイルドハイブリッドの動作イメージ(写真:スズキ)

ハイブリッド車と聞くと低燃費というイメージが強いかもしれないが、アルトに搭載されているハイブリッドシステムはマイルドハイブリッドとなっており、カタログ上でのWLTCモード燃費の数値は、ガソリン車の「L」が25.2km/Lであるのに対し、ハイブリッド車の「HYBRID S」が27.7km/Lと、そこまで差がない。

では、ハイブリッド車のアドバンテージはなにかというと、モーターアシストによる力強さだ。ガソリンモデルでは最大トルクは5.6kgf・mとなっているが、ハイブリッドモデルではエンジンの5.9kgf・mというトルクに加え、モーターの4.1kgf・mのトルクもプラスされるため、明らかに力強さを体感できる。

そのため、山坂道が多い地域に住むユーザーや、長距離運転をすることもあるユーザーにとっては、ハイブリッドモデルを選ぶアドバンテージもあると言えるだろう。

ハイブリッド車で選ぶなら、どのグレードがオススメ?

HYBRID Xの外観(写真:スズキ)
HYBRID Xの外観(写真:スズキ)

もし、あなたがハイブリッドモデルを検討しているのであれば、オススメしたいのは「HYBRID X」だ。価格こそ「HYBRID S」の16万1700円高となるが、アルミホイールやLEDヘッドランプ、フルオートエアコンにスモークガラスなどが標準装備となり、新型アルトでは唯一となるキーレスプッシュスタートシステムを装着するグレードということで、日常使いをするうえでも我慢を強いられることがない装備が備わっている。

HYBRID Xのシート(写真:スズキ)
HYBRID Xのシート(写真:スズキ)

また、「HYBRID S」には備わらない運転席シートリフターやチルトステアリングも装備されるため、適切なドライビングポジションを取ることができる点もオススメしたいポイントである。

次ページ費用対効果の高いメーカーオプションはどれ?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT