自民「政治資金パーティー」が映す権力争いの内情 表向きは「総主流派」態勢も、交錯する思惑

印刷
A
A

ただ、岸田首相を始め来賓が競い合うように安倍氏の首相時代の「業績」をほめたたえる中、冷水を浴びせたのは、最大派閥の元領袖の森喜朗元首相だった。

体調不良で杖を突き、ホテル職員らに両脇を支えられて登壇した森氏。しかし、大きな声でいきなり「私は(安倍派の)会員ではなく、招待状も来なかったが、何年ぶりかで押しかけた」と発言して会場をどよめかせた。

さらに、「この派閥はほとんど私が作った」と力説したうえで、「(派閥の)数を誇っているのが一番危ない」と最大派閥領袖となった安倍氏を牽制。さらに、派閥の創設者が福田赳夫元首相(故人)だったことも持ち出し、清和政策研究会という派閥の名称についても「『清和会ではどうか』と相談したら、福田さんは『それでは派閥色が強すぎる』として現在の名称になった」と解説した。

その際の安倍派の議員席をみると、安倍氏側近が幹部席に結集する中、福田達夫総務会長は最末席に陣取って、森氏のあいさつにいちいちうなずき、それとなく安倍氏との距離感をにじませた。

その福田氏の周囲は側近議員が固め、岸田首相があいさつで「党では福田総務会長に支えられ……」と話し出すと、「そうだ!」という拍手で場内をどよめかせ、岸田首相のあいさつを中断させる場面も。これには安倍氏も苦笑いするばかりだった。

暗に安倍氏を牽制してみせた岸田首相

その一方で、各派の締めくくりとなった岸田派パーティーで岸田首相は「(宏池会として)30年ぶりに総裁となった」と繰り返した。

そのうえで、自らが初当選した際の派閥会長だった宮澤喜一元首相(故人)に触れ、「『(宮沢氏からは)権力は恐ろしいもの。謙虚で丁寧に使わなければならない』と教わったが、今その言葉をかみしめている」と暗に安倍氏を牽制してみせ、総裁としての矜持をアピールした。

岸田派パーティーでは、岸田氏が総裁選での売り物の「聞く力」を示す小道具としたノートをお土産として配布。その裏表紙に「自由民主党総裁・宏池会会長 岸田文雄」と印刷したあたりも、「まさに意味深」と波紋を広げた。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT