ギリシャ総選挙で野党勝利なら、日本株は?

日経平均、1万8000円奪還準備へ

一方、日本国内では、日本銀行が1月20日(火)~21日(水)に金融政策決定会合を開催し、2015年度平均のインフレ率見通しを、1.7%から1.0%に下方修正した。また会合後の記者会見で、黒田総裁は、2015年度に2.0%にインフレ率を押し上げるという政策目標については、達成が「多少前後する可能性がある」と語った。

インフレ率目標未達でも、追加緩和の可能性は低い

まあ、達成が前になる可能性はないだろうから、想定より「2%達成」が遅れることを認めた発言だと言えよう。

インフレ率の達成が遅れるとしても、日銀の追加緩和の可能性は低いと見込む。これは、主に2つの理由からだ。

1)インフレ率低下の背景の一つに原油価格の下落があるが、今のまま原油価格が底這ったとしても、前年比ベースでは原油価格低迷による物価押し下げ効果は剥落していく。

また、ガソリンや灯油、その他の石油製品などの価格が下がることで、家計や企業が助かり、景気が回復して、その結果として物価が上がる効果も期待される。

2)昨年4月のベースアップは、消費増税とぶつかって効果が相殺されてしまったが、今年と来年の2回については、消費増税なしのベースアップが行われるため、消費の回復が期待できる。

つまり、日銀が今後何らの手も打たず静観しても、景気と物価の持ち直しが生じうるわけだ。こうした見解を市場も共有し、冷静に金融政策決定会合を受け止めたためか、日経平均株価や円相場には、特段の動揺が見られなかった。

いや、それどころか為替がじわじわと円高気味の推移となったのは、「もう追加緩和がない」という観測を、市場が前倒しで織り込み始めたのかもしれない。そうして市場に静かに備えができた方が、先行き波乱に見舞われる可能性が低下するだろう。

ところが、明らかに動揺しているかのように見える専門家がいる。なかには、「黒田総裁は、異次元の緩和からほぼ2年後に2%インフレが達成できると公言しておきながら、それができないのであれば、『落とし前』をつけるために、どんどん追加緩和せよ」といったような主張も散見される。今のところ幸いにして、そうした専門家の言を、市場は信じていないように見える。

次ページギリシャの選挙は織り込み済み
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?