有料会員限定

ウクライナの戦争を長期化させる独首相の発言 ロシアではその発言が大きなニュースになった

印刷
A
A
ドイツのショルツ首相(写真:2022 Bloomberg Finance LP)

ウクライナとロシアの戦争が長期化しそうだ。この過程で重要な役割を果たしたのが、ドイツのショルツ首相の発言だ。日本メディアはショルツ氏の発言をほとんど取り上げていないが、ロシアでは大きなニュースになった。

4月19日、ベルリン、タス。オラフ・ショルツ独首相は、ウクライナでロシア軍の勝利を許してはならないと呼びかけた。このことをショルツは、火曜日(19日)に西側諸国指導者が参加したビデオ会議の結果についての記者会見で述べた。会議にはジョー・バイデン米大統領、アンジェイ・ドゥダ・ポーランド大統領、エマニュエル・マクロン仏大統領、クラウス・ヨハンネス・ルーマニア大統領、ボリス・ジョンソン英首相、岸田文雄・日本国首相、マリオ・ドラギ伊首相、シャルル・ミシェル欧州理事会議長、イェンス・ストルテンベルグNATO事務総長、ウルズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長も参加した。

「EUならびにNATOにおけるパートナーと共にわれわれは、この戦争でロシアが勝ってはならないとの見解で完全に一致している」とショルツは述べた。ショルツはプーチン露大統領に以下の言葉で呼びかけた。「ウクライナの都市への攻撃をやめなさい。直ちに和平を実現し、兵士を引き揚げなさい。この恐ろしい戦争をやめなさい」

ショルツはウクライナにおけるロシアの特別軍事行動を「無意味な戦争」であり、「国際法に対する深刻な侵犯だ」と決めつけた。現状においてモスクワは西側の結束を計算していないとショルツは考えている。「国境と領土の一体性に対する不侵犯がヨーロッパ安全保障の基本原則である」と首相は強調した。(4月19日、ロシア国営「タス通信」)

これまで欧米主要国の指導者は、ウクライナにおける戦争の勝敗ラインを明確にしていなかった。ショルツ氏の述べる「ロシアを勝利させない」というのが西側諸国の目標となるならば、当面、停戦は不可能になる。

ぶつかり合う両国の目標

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内