50歳からの男の磨き方 川北義則著

50歳からの男の磨き方 川北義則著

50歳前後になると、定年に向けてセミナーを催す会社が少なくない。人生80年時代、準備は怠れないというわけだ。

著者は、50代は「リバーシブル人生」がいいという。「仕事」(表地)と「生きがい」(裏地)という両面を着こなせば、定年退職時に後悔しないですむと示唆する。特に裏地では、プライベートを少しずつ充実させていく。これが50代から定年までを上手に生きる基本だと勧める。

会社を卒業すれば、あとは夫婦だけの「個単位」が普通となる。その際、夫婦べったりは禁物。「つかず離れず」で夫婦仲を長持ちさせるには、プライバシーに干渉しないことだとも。

そのためにも、在職中から一人で行動するクセをつけておくに限るようだ。気のおけない男同士の連れがいれば、これは大いに楽しいとも強調する。

定年後「楽しい自分」に出会うための勘所を、しなくてもいいことを含め、先輩として伝授してくれる。

PHP研究所 1365円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT