50歳からの男の磨き方 川北義則著

50歳からの男の磨き方 川北義則著

50歳前後になると、定年に向けてセミナーを催す会社が少なくない。人生80年時代、準備は怠れないというわけだ。

著者は、50代は「リバーシブル人生」がいいという。「仕事」(表地)と「生きがい」(裏地)という両面を着こなせば、定年退職時に後悔しないですむと示唆する。特に裏地では、プライベートを少しずつ充実させていく。これが50代から定年までを上手に生きる基本だと勧める。

会社を卒業すれば、あとは夫婦だけの「個単位」が普通となる。その際、夫婦べったりは禁物。「つかず離れず」で夫婦仲を長持ちさせるには、プライバシーに干渉しないことだとも。

そのためにも、在職中から一人で行動するクセをつけておくに限るようだ。気のおけない男同士の連れがいれば、これは大いに楽しいとも強調する。

定年後「楽しい自分」に出会うための勘所を、しなくてもいいことを含め、先輩として伝授してくれる。

PHP研究所 1365円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT