50歳からの男の磨き方 川北義則著

50歳からの男の磨き方 川北義則著

50歳前後になると、定年に向けてセミナーを催す会社が少なくない。人生80年時代、準備は怠れないというわけだ。

著者は、50代は「リバーシブル人生」がいいという。「仕事」(表地)と「生きがい」(裏地)という両面を着こなせば、定年退職時に後悔しないですむと示唆する。特に裏地では、プライベートを少しずつ充実させていく。これが50代から定年までを上手に生きる基本だと勧める。

会社を卒業すれば、あとは夫婦だけの「個単位」が普通となる。その際、夫婦べったりは禁物。「つかず離れず」で夫婦仲を長持ちさせるには、プライバシーに干渉しないことだとも。

そのためにも、在職中から一人で行動するクセをつけておくに限るようだ。気のおけない男同士の連れがいれば、これは大いに楽しいとも強調する。

定年後「楽しい自分」に出会うための勘所を、しなくてもいいことを含め、先輩として伝授してくれる。

PHP研究所 1365円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 北朝鮮ニュース
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。