有料会員限定

経済停滞の打破へ「失敗を許容する社会」が必要だ 小さな失敗を積極的に経験させる体制作りとは

印刷
A
A
(takeuchi masato / PIXTA)

日本の社会においては、失敗したり、レールから外れたりすることに対しては、強くマイナスの評価がされがちだ。組織内においても、やや極端にいえば、どんな失敗であれ、それは評価上バツがつくことを意味し、ビジネスパーソンは、失敗をいかに回避するかに重点を置きがちだ。

しかし、このような評価とそれに対する個々人の対応が、日本社会のダイナミズムや企業内でのイノベーションを阻害しているという主張は、かなり聞かれるようになってきている。

明確なお手本がないことに取り組み、先が見えない新しいチャレンジをしてこそ、イノベーションが生まれる。そうであるなら、そこには当然失敗はつきものであり、それをむしろ積極的に許容する社会をつくっていく必要がある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内