有料会員限定

ガソリン高騰、小手先「トリガー条項」への対案 経済のグリーン化など未来を見据えた発想を

印刷
A
A
ガソリン価格の高騰が続いている(撮影:梅谷秀司)

わが国のエネルギー事情は緊迫してきた。ガソリン価格の全国平均が1リットル当たり170円を超えるなど高騰が続いている。

政府は1月下旬からガソリン価格(全国平均)を172円程度に抑えるべく、石油元売り会社への補助金支給を始めた。当初は5円を上限としたが3月10日に25円に引き上げられ、翌週には実際の補助金額がその上限に達した。

しかし、ロシアのウクライナ侵攻が重なり、ガソリン価格高騰の長期化が見込まれる。このため、揮発油(ガソリン)税を一時的に減税する「トリガー条項」の発動を求める向きが出てきた。補助金の継続と併せて実施するという。

難題が多く、現場の混乱も

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内