日銀総裁「強力な金融緩和を粘り強く続ける」 総裁の発言の後に市場では円安が一段と進む

印刷
A
A

日本銀行の黒田東彦総裁は13日、「現在の強力な金融緩和を粘り強く続ける」との見解を示した。感染症からの回復途上にある経済活動を「しっかりと支える」としている。

2%の物価安定目標の持続的・安定的な実現を目指すと改めて表明した。信託大会でのあいさつを日銀が公表した。

黒田総裁の発言後、市場では円安が進んだ。

円相場は約20年ぶり安値、米長期金利が一段と上昇-一時126円22銭

他の発言

  • 輸入コスト起因の物価上昇、家計・企業収益悪化で経済下押し
  • 日本のGDPは依然として感染拡大前を下回っている
  • ウクライナ情勢の帰すうと資源価格への影響などに不確実性

(信託大会での発言であることを追加します)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:伊藤純夫

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT