現職マクロン氏と極右ルペン氏が決選投票へ 僅差の支持率、ルペン氏予測の支持率は過去最高に

印刷
A
A

フランス大統領選は現職マクロン大統領と極右政党・国民連合(RN)のマリーヌ・ルペン氏が今月24日の決選投票に進む。両候補による決選投票は2017年の前回選挙に続き2回目。

第1回投票(10日投開票)の一部集計に基づく世論調査会社の予測によると、得票率はマクロン氏が約28%、ルペン氏が約24%。3位は急進左派のジャンリュック・メランション氏で約20%だった。

マクロン大統領(44)はパリでの集会で支持者らに「ゲームはまだ終わっていない」と述べた。

投票後の世論調査でも両者の差はわずか

オピニオンウェイが第1回投票終了後に1700人を対象に実施した世論調査ではマクロン氏が54%、ルペン氏が46%。Ifopが1000人弱を対象に行った調査ではマクロン氏51%、ルペン氏49%だった。誤差は1.4-3.1ポイント。

選挙戦終盤にルペン氏が支持を急激に伸ばしたことから政治リスクへの警戒が高まった。投資家は決選投票までの2週間、マクロン氏が優位を固められるかどうかに注目することになる。仏10年債利回りは先週、親ロ派として知られる極右のルペン氏がウクライナ侵攻のさなかに当選するのではないかとの懸念から7年ぶり高水準となった。

シドニー時間11日早朝の外国為替市場でユーロは対ドルで上昇した。

ユーロが対ドルで0.6%上昇-仏大統領選第1回投票の暫定予測受け

大統領選第1回投票終了後にパリのイベントで演説するルペン氏(4月10日)Photographer: Jonathan Alpeyrie/Bloomberg
次ページルペン氏の予測支持率は過去最高に
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT