一風堂ラーメンが90秒で買える最新自販機の正体 米フードテック企業が日本食に目を付けるワケ

印刷
A
A
シリコンバレーのフードテックベンチャー「Yo-kai Express」が首都高の芝浦パーキングエリアに設置するラーメン自販機(写真:Yo-kai Express)
この記事の画像を見る(5枚)

「食べたいと思ったとき、それが深夜であってもすぐにおいしい食事が出てきてほしい」

夜になると手軽に食事できる場所が近くに見つかりにくい。お腹を空かせているとき、Yo-kai Expressの創業者でCEOのアンディー・リン氏が「温かい麺類が食べたい」と思ったのは、同氏が台湾出身だったこともあるだろう。

そんなお腹を空かせたリン氏が見つけたのが、日本に40年以上前からある麺類の自動販売機。みなさんもドライブインや高速のサービスエリア、あるいは学食などに置かれたうどんやラーメンの自動販売機といえば、ああアレか!とピンと来るに違いない。

あの自動販売機があれば、いつでも温かいうどんが食べられるのに――。
台湾からアメリカのカリフォルニア州立大学アーバイン校に留学したリン氏はスタートアップを起業するなどのキャリアを積む中で、深夜まで残業するときにおいしい夜食を食べる手段がないことから、熱々の食事を短時間で調理できる自動販売機を開発した。

日本の‟妖怪”が由来というYo-kai Expressがそれだ。すでにアメリカでは2019年12月から製品が出荷され、大企業のオフィス、空港、ホテル、病院、大学、ショッピングモールやスキー場など50カ所で20万食以上が販売されてきた。

しかし、彼が開発した自動調理機能は最新の高品質な冷凍技術と、既存の食ビジネスと結びつくことで新しい事業展開への可能性を拓くものになりそうだ。海外の日本食ブームとも相まって、日本食ブランドの海外展開を加速させる基盤になっていくかもしれない。

90秒で「おいしく熱々」な食事を提供

リン氏が重視したのは調理の速度だ。日本ではラーメンなど麺類からスタートさせるが、アメリカでは麺類のほか、丼もの、スイーツなど30種類以上のメニューを提供中。いずれも約90秒で食事が完成する。

4月6日都内で行われた発表会でのYo-kai Express CEOのアンディー・リン氏(写真:Yo-kai Express)

「お腹がすいた。あぁ、ラーメンを食べたい。そう思ったとき、その気持ちの熱が冷めないうちに出来上がることが重要」(リン氏)

急速冷凍の技術が発達した現代では、ラーメンや丼ものの味をほとんど落とすことなく冷凍保存、流通させることができる。しかし短時間で、しかもおいしさを損なわず、商品として提供できるレベルに仕上げることは難しい。

そこで最新の冷凍技術でおいしさを保った食材を、可能な限りおいしく、しかも素早く調理して提供する技術を開発した。ここで解凍ではなく‟調理”と表現したのは、加熱する中で料理が完成するように設計されているためだ。

次ページ調理に使うのは水だけ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT