「手肌に優しい」を女性が支持 寒い冬場に伸びる食器用洗剤

毎日の家事の中で食器洗いは欠かせない。でも、洗剤の刺激による手荒れが気になる--。そんな悩み多き女性の問題を解決してくれる食器用洗剤がじわりと人気を集めている。

花王が1年前に発売した「キュキュット ハンドビューティ」がそれだ。

従来から手に優しい洗剤はあったが、汚れ落ちが悪い。一方で洗浄力が強い成分を増やすと、手が荒れやすくなるなど、洗剤の課題は多かった。加えて冬場は乾燥しているうえ、お湯で洗えば、汚れと一緒に手の脂分まで落ちてしまう。

そこで花王が製品開発に活用したのがスキンケア研究で培ったノウハウだ。洗剤の皮膚への浸透を抑えて手荒れを予防する成分と、汚れを細かく分解して洗い落とす成分の配合比率を調整。手肌への影響を確認するため、皮膚科医と連携して主婦に使用調査を行うなど、試行錯誤は4年に及んだ。

その甲斐もあり、価格は既存製品より3割高い250円前後だが、好調に推移。花王に続いて、P&Gやライオンなど競合各社も相次いで「手肌に優しい」洗剤を投入したことで、いまや洗剤市場の1割を占めるまでに成長した。この結果、デフレで苦しめられていた市場は、2010年10~12月期に前期比3%増まで巻き戻した。寒い冬の熱い戦いはまだまだ続きそうだ。

◆花王の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(島田知穂 =週刊東洋経済2011年1月29日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。