有料会員限定

人材活用1位は三菱UFJ 環境はトヨタとJフロント 部門別上位企業

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
拡大
縮小

総合ランキングのベースとなった各部門の上位を紹介する。

人材活用のトップは三菱UFJフィナンシャル・グループ。同社は金融機関部門でも1位となった。

2位のSOMPOホールディングスは、勤務状況の「見える化」など、生産性の向上に取り組んでいる。その成果は数値にも表れ、年間総労働時間は1849時間、月平均残業時間は7.7時間とトップクラスの短さ。テレワークや副業・兼業制度など柔軟な働き方の導入にも積極的だ。

3位は日本電信電話(NTT)、丸井グループ、ファンケル、大和証券グループ本社、第一生命ホールディングスの5社が並ぶ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内