有料会員限定

社会課題の解決へNPOと連携 専門家集団の力を活用する

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
ソニーグループと連携して開催する「感動体験プログラム」

特集「CSR企業ランキング 2022年版」の他の記事を読む

多くの企業が社会課題解決に積極的に取り組もうとしている。ただ、世の中の課題はそれこそ無限にあり、企業1社だけでは難しい。そこでNPO(民間の非営利組織)の力も借りて解決しようという動きが広がっている。

NPOにとっても方向性が一致する企業との連携で事業規模の拡大が期待できる。そうした連携の成功例の1つが放課後NPOアフタースクールの取り組みだ。代表理事の平岩国泰氏は「企業にとって子どもは将来の重要なステークホルダー。その育成に関わることは意義がある」と語る。こうした趣旨に賛同した企業と積極的に連携を深めている。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内